Lilium(リリウム)のblog

DuoのLilium(リリウム)です Vo candy G venshe 四谷OUTBREAK、新宿Soul Kitchenなどで活動中♪

カテゴリ: オリジナル

ナベジさん(スランキーサイド)のソロで「小さいほうの猫のブルース」って、猫の唄がありまして
うちも書きたいなと思ってました

candyが飼ってる「プーちゃん」
IMG_1408

以前、僕が買ってた「ミーちゃん」と同じ柄
IMG_0004

venshe「どんなんがいい?」
candy「ワルツっぽいの」
さらっとメロディが浮かんだので、その勢いで2人で笑いながら歌詞も作りました

プーちゃんが好きなピンクの毛布だったり
IMG_1765
ネズミだったり
IMG_1595
ダンボールまで歌詞に出てきます
IMG_1698

そんな新曲を入れての、次回のLIVEは全員女性ヴォーカルのユニットやDuoです♪

2月27日(木)@新宿SoulKitchen
リムストーン・プール
Tellme-pink
THEビールズ
Lilium

Liliumは2番目の20時から♪
このLIVEから、今の所予定がありません
お時間ある方は、観に来て下さいねー



薄い睡眠の訳を探しましょう
何度も読み返した 短い素敵な小説

風に揺れる花
苦しくなる程 白い

溶かして 掠れたこの口癖
わかって 知らせのマギの様に
伸ばした髪さえ 差し出すから
目覚めて 触れる程近く 居て

綴る当ても無い 言葉を並び替え
そっと渡すから どうか理解して

枯れて萎む花
喉まで出かける言葉

繋いで 荒れてる手と心を
続けて 穿つ水の様に
飛沫を立てずに 飛び込むから
呼吸を 君の唇から 分けて


溶かして 掠れたこの口癖
わかって 知らせのマギの様に
伸ばした髪さえ 差し出すから
目覚めて 触れる程近く

歪んで消えそうな 僕の影
迷わず抱きしめて 何処か遠く攫って

candy/venshe

空が春色に染まり出す頃
言葉、飴色に吐いてまた捨て

記憶、曖昧に描き直して

形無い温度、さあ疑い無く
不埒な感触、ねえ安堵得て
このまま消えて、もう構わないと
繰り返すだけの世界よ、サヨナラ

光、探し出すように
もがき続ける彼方と
傷み、手繰り寄せるように
叫び続ける私と
ラララ、踊りましょう

狂い始めた自由、浮き足立ち
臆病な身体、そっと切り貼りして
このまま二人、逃げてしまおうか
否めない、もうそんな目で見ないで

光、探し出すように
もがき続ける彼方と
傷み、手繰り寄せるように
叫び続ける私と
ラララ、踊りましょう、踊りましょう

深い底無し、森に惑わせる

このページのトップヘ